酔いどれ日記

不定期で気ままに更新します
<< 出国前日 | main | 物件探し >>
魔のフライト
0
    2013.3.31(月)




    いよいよ出国日の朝になった。早起きのレディ2号(3歳が)起床。








    なんと右の瞼が異常に腫れている。​





    さすがにやばそうなので、9時頃嫁が眼科に連れてゆく。




    11時に出発予定なのだが、間に合うのだろうか・・・。




    10時半ごろレディ2号らは病院から帰り、結膜炎とめばちこに同時にかかったと判明。





    何が何かわかんぐらいの慌てようで家の片づけを済ませ、ほとんど確認もせず出発。





    駅でママ友らの温かい声援に送られつつ、最寄駅から4時間ぐらいかかって成田空港に向かう。





    バスでのお楽しみタイム。幕の内弁当と菊水で一杯やり、いい感じでほろ酔い。





    成田に着いたときには、皆すでにぐったり疲れる。
     






    19時15分発の片道航空券でロサンゼルスに向かう。およそ10時間のフライトである。





    なんだかずっとくすぶっていたレディ3号(1歳)だが、消灯時間が来ても泣きわめいている。



    およそ30分に一回ぐらい激しく泣いている。
     



    ついにアメリカ人の乗客が



    「ちょっと君、立ち抱っことかして眠らせてもらわないと困るんだけど」



    みたいなことを嫁に言ったみたいで、嫁が揺れる機内でゆらゆら立ち抱っこしていた。


    でも効果なし。



    嫁はかなり憔悴していたみたいだが、こちらは到着してから忙しいので寝たふりをする。



    そしてなんとか無事ロサンゼルス国際空港に着陸。現地時間13時過ぎ。




    リムジンタクシーで「Residence Inn Torrance」に向かい、15時半ごろチェックイン。




    キッチン付きの居住型ホテル。部屋も広く、芝生がきれいで、プールやらジャグジーやらBBQ施設などがある。





    食器洗い機まで付いており、これぞ豊かなで豪華なアメリカライフ!という感じ。




    まもなく筆者は中古車ディーラーに連れ去られ、そのまま中古車を購入(トヨタのシエナ)し、乗って帰ることになる。
     




    アメリカは右側通行である。




    待ったなしでいきなりの運転。油断すると左車線を走ってしまってたりしたが、なんとか無事宿に戻る。


    ホテルはとりあえず一週間の予約をしているので、その間に賃貸住宅を探す予定。




    時差のせいなのか疲れすぎたのか興奮しているのか、なかなか寝付けなかった。


     
    | tsumamizm | LA生活 | 20:30 | - | - | - | - |
    | | |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + LINKS